脱毛は痛い?脱毛サロンの本当のところ

2016-07-11_102520

「脱毛サロンで処理してもらえばムダ毛がキレイになくなるんだろうけど、痛いのはイヤ」
そんなふうに考えて、サロンでの脱毛を躊躇している人もいることでしょう。

脱毛サロンで現在主流の光脱毛はニードル脱毛やレーザー脱毛に比較すると、痛みは少ないと言われています。光脱毛を受けて感じる痛みは「輪ゴムをパチンと弾かれたくらいの衝撃」と表現されることが多いですね。実際に光脱毛を受けてみて、痛くて痛くてたまらないという人はあまりいないようです。つまり、実際に感じる痛みがないわけではないけれど、その痛さは我慢できる範疇となっているようです。

光脱毛は黒い色に反応して機械が光を当てるという方法です。そのため毛が濃い場所は光が当たる回数・強さがが増しますから、必然的に痛みが強い場所となります。

毛が濃い場所というのはワキやVIO(デリケートゾーン)の部分となります。この部分は皮膚が薄く敏感なため、より痛みを感じやすいのだとも言えますね。また男性の場合は髭の脱毛も痛みを感じやすい部位のようです。そして毛深い人はどうしても薄い人よりも痛みが多くなってしまいます。

ただし、最初の頃は強い痛みを感じていても、脱毛の回数を重ねるごとに痛みは弱まっていきます。その理由はムダ毛の量が減り、毛自体が弱くなっていくからです。

脱毛による痛みの感じ方には個人差があり、痛みを全く感じなかったという人もいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です