アーカイブ

光とレーザー シミ消しにいいのはどっち?

年齢とともに、人の体に多くなってくるのがシミやシワ。

シミの治療方法には様々なものがあり、レーザーや光照射を利用してシミ・そばかすを消す方法というものがあります。IPLという光を利用した施術は一般的です。光を皮膚にあててメラニン色素を破壊し、コラーゲンの生成を活発にします。その結果、シミが薄くなり、肌の引き締め効果もあるのです。

IPLは一度に広い範囲の施術を行えるという強みがあります。1センチ×2センチを一遍にカバーできるため、時短効果、コストも軽減することもできます。ただし、低出力の光線しか扱えないため皮膚の奥深くまで影響を与えることはできません。しかし痛みもほとんどなく、低コストでエイジング好きができるということで、人気の高い処方です。

一方、Qスイッチルビーレーザーというレーザーを使うしみ治療では、濃いしみでも治療をすることが可能になります。レーザーならば高出力でしみを治療できるために、濃いシミができて困っている人、妊娠線消すにはにはお勧めです。レーザーを用いたしみの治療のデメリットは、光でのしみ治療よりは痛いこと。それでも、麻酔クリームを塗ってから施術に入ることで、痛みを軽減することは可能になっています。

レーザー治療は一回の治療で、気になるシミを一度に取り除くことが可能になります。最近では低料金化が進んでいますから、通う回数が少なくて済むことと相まって、お得感のあるシミ解消法になってくるかもしれません。

身体を動かす趣味による筋力維持と精神の若返りについて

私が健康を維持するのに意識していることとして、体を動かす趣味を全力で楽しむということを、意識しています。
私の体を動かすアウトドアの趣味は大きく二つあります。それは「スノーボード」と「ロードバイク」です。主に暖かい季節をロードバイク、寒い季節をスノーボードと余暇に楽しみ、なるべく年中体を動かすように意識しています。

なかなか両方ともやりだすとハードな趣味で、ほぼ一日時間を潰すことができて、尚且つ一日中ほぼ体を何かしながら動かしていられる趣味でもあります。そのため苦痛には感じない面がとても体にも精神的にも健康維持につながっているのではないでしょうか。

また季節性も高く、夏や春は自転車に乗りながら、桜やヒマワリ畑、大きな山や川など自然の風景を楽しみながら、サイクリングを楽しむことができます。冬は雪山でウィンタースポーツをしつつ雪原の景色をのぞんだり、雪の降る中、露天風呂のある温泉へいったりと出来るので、日本の四季やその風情を感じることもできます。

またロードバイクでは、たまにはアマチュアのレースにチームの仲間とエントリーして、目標を作って練習やトレーニングに励んだり、またスノーボードではJSBAの検定をうけて合格するために練習したりと、モチベーションを高めることも意識しています。少しキツイときもありますが、何もないよりはやはりそういった刺激があった方が自分には合っているように感じます。また結果的にそれでレースや検定に結果がついてくると嬉しいですし、その時には体もある程度絞れたりしていて、とても心身ともにコンディションが良いことが多いです。

しかしながら男のロマンも兼ねているので、いろいろ自転車のパーツやボードのウェア等を買ったりした時、妻にはそれを浪費と言わず、ある程度の趣味の出費には、目をつむって欲しいと思うこのごろです。